2018MOKスクール最終講義

今年最後のMOKスクールは、速水林業の速水亨さんと伊礼智設計室の伊礼智さんでした。 第一講義の速水さんは、文化の過失として何故日本独特の美しい街並みが消えていったのか・・ 街並みと建物という問題定義から始まりました。 木材は環境に負荷をかけない原材料であってたくさん使って欲しいが、その使われ方次第では木材単価が下がり山側(林業家等)がどんどん減っていく・・・ 林業においても多様性が求められていて、新しい林業を構築していく必要がある。 世界各地で行われている違法伐採により、生態的・人権・経済の問題がおこるので適切に管理された森林からの木材利用をして欲しい。そのためには森林認証制度(FSC)のロゴマークがついた製品を使っていく事が将来も森林活用に繋がっていくなど、改めて木材の事を考えさせられる内容でした。 第二講義では伊礼さんが、町と家の「あいだ」を考えるという内容で講義が始まりました。 伊礼さんの出身地である沖縄の原風景、やわらかな境界・ゆるやかな繋がり。 道から少し下がった所にあるヒンプン。目隠しや魔除け・左右で通る人の振り分けを担っていた。雨端

京都散歩とMOKスクール

昨日に引き続き京都散歩。鴨川から八坂神社、高台寺とウロウロと。 日本って本当に美しい! この素晴らしい美しさは次代、次次代へと継承していく必要がありますね。 お昼前に京阪電車に乗って一路大阪へ。 MOKスクール10月講義。第一講義は #桜設計集団 佐藤孝浩さんによる中規模木構造を説く。 部材の使い方次第で中高層の魅力ある木造建築の話と10万分の1秒での構造解析でかなり詳細な検討が出来るようになった事などを実例を元に話してくれました。 第二講義は #桜設計集団 安井昇さんによる木造建築の防耐火性能を説く。 燃え抜けない、燃えて壊れない構造躯体。燃えない、燃え拡がらない内装。 避難ができる時間をかせげる木材等、実験動画を交えての話をしてくれました。 第三講義は #光嶋祐介建築設計事務所 光嶋祐介による生命力のある建築のつくりかた。 全てにおいてコンセプトを持つ。「記憶の器」時間と自然の法則 クライアントを巻き込みながらお互いの地図を照らし合わせていく作業等を話してくれました。 講義後の懇親会では講義中に聞けなかったことを聞いたりとてもよい時間を過ごせ