2018MOKスクール最終講義

今年最後のMOKスクールは、速水林業の速水亨さんと伊礼智設計室の伊礼智さんでした。 第一講義の速水さんは、文化の過失として何故日本独特の美しい街並みが消えていったのか・・ 街並みと建物という問題定義から始まりました。 木材は環境に負荷をかけない原材料であってたくさん使って欲しいが、その使われ方次第では木材単価が下がり山側(林業家等)がどんどん減っていく・・・ 林業においても多様性が求められていて、新しい林業を構築していく必要がある。 世界各地で行われている違法伐採により、生態的・人権・経済の問題がおこるので適切に管理された森林からの木材利用をして欲しい。そのためには森林認証制度(FSC)のロゴマークがついた製品を使っていく事が将来も森林活用に繋がっていくなど、改めて木材の事を考えさせられる内容でした。 第二講義では伊礼さんが、町と家の「あいだ」を考えるという内容で講義が始まりました。 伊礼さんの出身地である沖縄の原風景、やわらかな境界・ゆるやかな繋がり。 道から少し下がった所にあるヒンプン。目隠しや魔除け・左右で通る人の振り分けを担っていた。雨端

パッシブデザインツール

武政孝治博士をお招きしてのパッシブデザインツール講習会を開催しました。 普段の設計業務でもパッシブデザインは意識して色々なツールを使用していますが、 別のツールを知ることもいい刺激になります! パッシブデザインには日照・通風・方位・開口等様々な条件がありそれらをしっかりとシュミレーションするのが大事であると。 僕はツールは自分が使いやすいものであれば何でも良いと思っています。 それらのツールを正しく使うことが重要なのだと。 参加者のPC環境や設定がそれぞれ違っていたので、先生が想定していた内容を全てこなす事が出来なったのが悔やまれるところですが、講習会の中で心に残った言葉がありました。 武政先生曰く、「パッシブが上手くいくのは地場の人が最適である」 何故ならば、地域特性を知っているから。 僕も最近は地域と住宅について考える事がありますので、この言葉を聞いた時はやはり 家づくりとは地場の人間でやるものだと再認識できました。 最後になりましたが、武政先生本当にありがとうございました。 また、会場提供してくれたYKK高松のみなさん、ありがとうございまし

植栽ワークショップ

今日は関元工務店さんが荻野寿也さんと行う植栽ワークショップへ参加してきました。 荻野さんが持ってきている大量の植栽が、庭の空間に入り切るのか不安になる程の植栽量。 当然、植栽プランはできているのですが、そこへ自然樹形の樹木を配置しいろいろな角度から眺め一本一本の樹木の向き・位置を決めるスピードの速さとそれをサポートしていくスタッフとの連携が凄かったです! ワークショップへ参加したみんなで地面を掘り、そこへ樹木を配置していく。(一部ですがお手伝いしました) どんどんと作業が進み、みるみる家の表情が変わっていく様は本当に圧巻でした。 庭の大切さはわかっていたのですが、ここまで住宅がイキイキするものかと感動しました。 初日のみの参加でしたが、本当に貴重な体験をさせていただきました。 関元工務店さん、荻野寿也景観設計のみなさん本当にありがとうございました。 ワークショップに参加された皆さん、お疲れ様でした。 #長尾賢建築設計事務所 #設計事務所 #資産になる家造り #地域住宅工房 #地域にカネを #香川 #高松 #家造り #高断熱 #高気密 #建築 #住

構造塾全国大会in熊本

全国各地で開催されている構造塾。我々、香川構造塾も2年目になりました。 2016年に震災のあった熊本で全国大会をやりたいという佐藤塾長の想いで開催された 熊本全国大会へ参加して来ました。 第一部は新住協 鎌田さんより「燃費半分のQ1住宅を造ろう」 第二部は神崎弁護士より「四号建築物に対する法規制の問題点」 第三部は上田弁護士より「工事監理者の役割と責任」 第四部に佐藤塾長より「木造住宅の構造計画仕様」を話していただけました。 普段、構造塾で学び大事だと思う事を改めて弁護士という目線や実経験での話を聞くと より理解でき、当たり前にやらなければならない事を当たり前にやる大切さを痛感しました。温熱環境設計も当たり前にと鎌田さんの言う事にも納得です。 構造・温熱の部分は我々プロが責任を持って考えるべき事で、仕上げ・設備等はお施主さんと考えると言う、当たり前の事をきちんとやっていこうと思います! 震災のあった熊本城は、現代の凄まじい技術(加藤清正公もびっくりの)で復旧作業が進められていました。 #長尾賢建築設計事務所 #設計事務所 #資産になる家造り #地